お問い合わせ

西部校

西部校【31期|前期課程】ふるさと石見の歴史文化や自然の素敵な魅力/30期・31期交流会

掲載日 : 2022-10-14
午前中の講義は、浜田市を中心に地域の歴史を調べる活動をされている、ふるさと歴史紀行の会代表の下村明雄氏から、地域の歴史や自然を通じて石見の魅力をより深く知っていただくことを目的に、ご講義いただきました。
県東部の松江や出雲と比較すると、県西部の石見地方は開発されておらず、ゆえに歴史資源が数多く残っており、未発見や未解明のものもあるそうです。
地質や地形から分かることや、視点を変えて普段何気なく見ているものを面白くとらえてみること、解明されていないものを推理して探し楽しむことなど、「住んでいる石見をもっと好きになってほしい」というメッセージあふれる講義でした。
この講義をとおして、地域の歴史の楽しみ方のヒントが得られたのではないでしょうか。

午後からは、30期(後期課程・2年生)と31期の学友会による、学生自主活動として、2学年交流会が開催されました。
30期と31期は登校する曜日が異なり、一緒に過ごす機会が少ないということで、30期生が企画しました。
最初に、いわみーるの体育室でカローリングを楽しみました。
30期・31期混合のチームをつくり、対戦はとても盛り上がりました。
その後は別の部屋へ移動し、短時間ですが茶話会も行われました。
こういった学園生の自主的な企画をとおして、学年を超えた交流、思い出づくりも積極的にしていただきたいと思います。

▼カローリングについて
日本カローリング協会

(1) カローリングのようす

(2) 茶話会のようす

(3) 午前中の講義のようす