お問い合わせ

卒業生の活動

西部校同窓ネット活動紹介 中国電力三隅火力発電所研修

掲載日 : 2018-12-10
平成 30 年 10 月 10 日 (水) に、三隅発電所を同窓ネットワークで見学しました。近くにあっても高さ 200 メートルの煙突しか見たことがない人も多く、新たな発見がたくさんありました。当日は雨が降る日でしたが、ふれあいホールに 57 名が集合し、2 コースに別れて見学しました。
この発電所は、国内最大級の石炭火力発電所で出力 100 万 KW の発電量です。1 号機は平成 10 年に営業運転が開始され、ただいま 2 号機の工事がはじまっている様子でした。ふだん見られないタービン室やボイラー室など見学し、雨の中でしたが屋上から発電所の全体をみることができとてもいい研修となりました。
また、ホールの研修室で発電所のなりたちや概要、しくみについて学び、最後には時間ぎりぎりまで質問がでました。副産物の石炭灰についても廃棄ではなく、土木材料として使用するための技術開発に取り組んでいて、環境にも配慮した発電所になっていました。木質バイオマス発電も平成 25 年から行っていて、再生可能エネルギーにも取り組んでいました。
1 時間 30 分の短い時間でしたが、充実した研修となり、又、卒業期を超えた交流もでき有意義なひとときとなりました。
同窓ネットワーク 寺井昭

建物や200メートルの煙突