お問い合わせ

卒業生の活動

西部校レクリエーションダンスで高齢者施設訪問

掲載日 : 2019-07-23
私たち「助っとナイン」(健康福祉科 25 期) は、くにびき学園を卒業して 3 年になります。年に 2 ~ 3 回高齢者の福祉施設を訪問し、レクリェーションダンスを通して、利用者の方々と一緒に楽しんでいます。大田市から益田市までの出身メンバーで、練習も十分できずダンスもふぞろいですが、間違えてもみなさんと一緒に楽しむことを自分達のスタンスにしています。
今回訪問した浜田市の高齢者施設は、在校時からの訪問で 5 回目になります。曲に合わせてダンスを披露し、知っている曲では歌ってもらったり、手拍子やかけ声をかけてもらいます。また、見るだけでなくタオルを使った健康体操も取り入れ、一緒に活動に参加していただいています。
そして最後には、利用者の方の笑顔が見え握手をして別れると、こちらも元気をもらい、温かい気持ちになって満足して帰途についています。
なお、7 月には同様の内容で大田市の福祉施設を訪問し、みなさんと一緒にダンスを通して楽しみました。

ダンス曲は以下の 6 曲です。
①贈る言葉
②瀬戸の花嫁
③弥太郎鴉
④長生きサンバ
⑤ああ人生に涙あり
⑥かあかあカラスの勘三郎
※今回アンコールは、きよしのズンドコ節を披露しました

オープニングは「贈る言葉」で、ダンスを披露

衣装を替えて、健康ダンス「弥太郎鴉」

曲に合わせて利用者さんにも「カアカア‼」と声を出してもらいました。

お馴染みの水戸黄門の曲で一緒に体を動かします。

100歳なんてまだ若い‼ビバ!サンバ!長生きサンバ‼