お問い合わせ

卒業生の活動

東部校ニイナナ会、園芸を通じた地域活動

掲載日 : 2018-08-02
くにびき園芸 27(ニイナナ) 会 (通称「ニイナナ会」、会員 24 名) は、くにびき学園東部校第 27 期園芸科生が 2018 年 3 月卒業と同時に結成した会です。特に " 園芸 " 領域を中心とした地域貢献活動を目指し、ささやかな行動を開始しました。

1. 京橋川遊歩道の草取り
ニイナナ会では初の社会貢献活動として、5 月 29 日 (火) 午前中、松江市末次町の " 京橋川沿い遊歩道 "(京橋から幸橋までの約 100m/ 松江市管理) で草取りを行いました。当日の参加者は 13 名。
同遊歩道は、すぐ横を堀川遊覧船が行き来する市内有数の観光ルートにありながら、石畳のわずかな間から生命力たくましい雑草が伸び放題で見苦しい様子をさらしていました。そこで、小さな鎌などで隙間から根をかき出すようにして草取りを行うこと 2 時間、端から端までの作業を終えた時には除草ゴミ 10 袋以上にもなり、振り返ると遊歩道は見違えるようにすっきりとしていました。
作業中、近所のお店から冷たいコーヒーの差し入れがあったり、遊覧船の乗客から「ご苦労さん ! 」と声がかかったりなど、見知らぬ人たちから思いがけないねぎらいまで受けて、一同清々しい気持ちで初の活動を終えました。この場所での草取りは、数ヶ月後再度行う予定です。

2. 高齢者施設の菜園づくり
ニイナナ会の活動第 2 弾として、6 月 19 日 (火)、松江市東出雲町出雲郷の高齢者施設「グループホームあしたか」で、菜園づくりの協力を行いました。施設入居者さんたちに野菜の収穫を楽しんでもらうのが一番の目的です。野菜の栽培は園芸科得意の領域であり、学習成果を社会に還元するこの機会に 14 名が参加しました。
施設敷地内の小さな区画に、数日前に石灰処理など事前準備をした後、当日は土拵えや支柱の設置を行い、トマト、ナス、キュウリなど夏野菜の苗を植えました。約 1 ヶ月後のホームからの報告では、野菜はいずれも順調に生育し、収穫も始まって食材として重宝されているとのことです。
同ホームは、我々がくにびき学園在学中であった昨年 11 月、地域活動体験学習として自主企画した「多肉植物の寄せ植え」を行った施設であり (2017 年 11 月 20 日更新記事参照)、今回、同時にそのフォローアップ活動として成長した多肉植物の植え替えも実施しました。また、施設周囲の草取りも行いました。

雑草生い茂る遊歩道(作業前)

草取り作業後の遊歩道

土拵え、施肥、支柱の設置

参加者一同