お問い合わせ

卒業生の活動

東部校くにびき24旗(にしき)の会 令和元年度11~12月活動報告

掲載日 : 2019-12-25
≪近況報告 No.3 ≫
① 11 月 29 日 (金) 10:00 ~ 15:30 蕎麦打ち体験・大東の西方寺訪問
昨年に続き、今年も「八雲ふるさと館」で 15 人参加して蕎麦打ち体験をしました。
二八蕎麦は、そば粉 8 に小麦粉 2 の比率で混ぜて打った蕎麦です。今回は北海道産のそば粉を使いました。講師の大谷さん、渡部さんの指導の下、約 1 時間後には包丁切り、大鍋で湯掻いてざるに盛り付けして完成。自分の手で打った蕎麦を皆で味わって食べました。気のせいか、昨年打った蕎麦より美味しく感じました。
食後は、熊野大社にまつわるエピソード・歴史などを同級生の三好さん、藤原さんから聞いた後、熊野大社に移動して先程聞いたエピソード・歴史などの現地に行きました。その後、大東町に移動して西方寺に行きました。ここには、身代わり如来 (やけど如来) の言い伝えがあり、本堂の中で三好さんが民話として紹介してくれ、地元の同級生吉川さんが西方寺にまつわるエピソードを語ってくれました。

② 12 月 20 日 (金) 10:00 ~ 14:00 しめ縄作り
今年も正月を前に「出雲かんべの里」で 9 名参加して、玉じめ、輪じめ、神棚飾りなどを、かんべの里勤務の同級生三好さんの指導の下で作成しました。

(くにびき 24 旗の会
会長 三島 武美)

①蕎麦打ち

②蕎麦打ち

③蕎麦打ち

④大東・西方寺訪問

⑤しめ縄作り

⑥しめ縄作り